2010年12月07日

ポジションの値洗いについて

 とりあえず、資料請求をしてみませんか。
無料です。↓↓


外国為替証拠金取引の外為オンライン

[image]無料レポートプレゼント:ドルが紙くずになった時に資産を守る方法


無料CDプレゼントです

[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

サイバーエージェントFXの外国為替証拠金取引【外貨ex】



FXの「ポジションの値洗い」とは、保有しているポジションの時価評価を行うことです。

 ある時点のレートで、決済されていないポジションを評価して、いったん決済されます。
「含み損益」がいくら出ているかが計算され、含み損益分は、口座資金で調整されるという仕組みです。

 これがが行われると、最初にどのレートでポジションをとったのか分かりにくくなり、どこで決済をすれば為替差益が出るのか区別しにくくなります。
それは当然ですね。自分の取引した時点が分からなくなるのです。



「ポジションの値洗い」のメリットは、日々の損益がシビアに口座に反映されていく、という点が、最大のメリットです。そして資金状況を把握しやすいのは事実です。FX初心者向きではないのですが、中級・ベテランなら、こういうFX会社との取引を視野に入れてもいいかもしれません。
FX初心者にとっては、値洗いを行う会社は、避けたほうが良いでしょう。

 FX会社をこれから選ぶというとき、一社をはじめから決める、というのは難しいものです。
「FX初心者向きではない会社は、いったん候補から外す」とい方法で、選んでいくのが良いでしょう。
 また、無料で口座開設できるので、3つくらいはやってみてもいいですね。会社の対応が分かりますよ。






すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」



3,000円のFX教材です 

超カンタンFX入門スタータキット


とりあえず、資料請求をしてみませんか。
無料です。↓↓


外国為替証拠金取引の外為オンライン







[image]無料レポートプレゼント:ドルが紙くずになった時に資産を守る方法
posted by wing at 21:26| 簡単なFX講座

2010年12月04日

ナンピンはすかんぴん

 「難平(ナンピン)」とは、ポジションを持っていて、相場が下がってしまった場合に、同じ量のポジションを安値で買うという手法です。

 ナンピンで、ポジションの平均購入価格を下げることができます。最初にポジションを買った価格まで戻らなくても、利益がでることになります。しかし、相場のレートが更に下がった場合には、損失も大きくなります。

 「下手な難平(ナンピン)はすかんぴん」という言葉もあるくらいで、この方法を行って損失を拡大する人は多いようです。

 ナンピンをするということは、はじめの「買い」の時点で、間違っている、ということなのです。スタートを間違いながら、ナンピンにより生き延びようとしても無駄な抵抗であることが多いわけです。



 FXはやり直しがきくのですから、間違ったスタートから始めた取引は、いったん決済して終わりにしましょう。自分の投資ルールを見直し、新たな気持ちでFXに取り組むほうが有意義でしょう。
ナンピンはすかんぴんにならないようにしたほうがいいですね。







posted by wing at 18:30| 簡単なFX講座

くりっく365の税制優遇

くりっく365でのFX取引を通して得た利益は、所得税法上「申告分離課税」が適用されます。
所得の多寡に関わらず、税率が一律20%です。従来の店頭FX取引は、所得税法上「総合課税」が適用されます。給与所得や事業所得などと合算され、合算した合計額の多寡によって、適用される税率が異なり、場合によっては50%といった高い税率が適用されることもあります。


 FX初心者にとって嬉しい制度は「3年間の損失繰越控除」が受けられることです。FX初心者は、1年目の収益が赤字となることが往々にしてあります。初心者ですから赤字になることは仕方がないところですね。

 この損失を、1年目にしっかりと確定申告をしていれば、1年目に出してしまった損失と、2年目に上がった利益とを相殺することもできるようになります。2年目に利益が上がったとしても、課税所得(所得税計算の対象となる金額)を安く抑えることができるのです。


 従来の店頭FX取引は、所得税法上「総合課税」が適用されます。給与所得や事業所得などと合算され、合算した合計額の多寡によって、適用される税率が異なり、場合によっては50%といった高い税率が適用されることもあります。


くりっく365で得た利益について、税制優遇を受けたい場合には、確定申告をキチンと行うことが必要です。正直にやらないといけませんね。儲かったら国のために税金を納めてあげましょう。また、その分儲ければいいだけです。








posted by wing at 18:08| 簡単なFX講座

くりっく365の証拠金

 くりっく365を取り扱うことのできる業者は、「東京金融取引所の定める資格要件」をクリアし、くりっく365の取り扱いを許可された業者です。



 くりっく365を利用したなら、FX会社はFX口座に顧客が払い込んだ証拠金を全て、すみやかに東京金融取引所に直接預託することになります。

 東京金融取引所は預かった証拠金を全額、銀行で「決済性預金」として、日本円・現金で保管します。ですから、投資家の証拠金は「全額が保護される」ことです。


 くりっく365を取り扱うことのできる業者は、経営状態が安定していること・財務状態が良いことなど、優れた業者になります。安心して取引ができますね。くりっく365取扱業者として登録されているかどうかは、くりっく365のホームページで閲覧できます。


 FXに悪いイメージが、付きまとってしまう理由として「かつて経営破綻したFX会社が、投資家の資金を返還しなかったケースがあるから」という理由があります。多くのFX投資家が「自分の預けたお金が、きちんと戻ってくるか」を心配します。ですからくりっく365取扱業者であれば大丈夫ですね。







posted by wing at 18:00| 簡単なFX講座

2010年11月03日

FXを1000通貨で

以前はFX会社のほとんどが、最低取引単位が1万通貨でした。

 最近は、1000通貨から取引できるFX業者もあります。FXに初めて挑戦する人は、1000通貨の少額からスタートするのも良い方法です。FX初心者の間には、損失を出すこともあります。1000通貨でスタートをしていれば、損失を出したとしても少額で済みます。10分の1ですから損失も当然10分の1になりますよね。

 FX初心者にとって怖いのは、はじめのうちに大金を失ってしまった場合、二度と投資をしようとは思わなくなる、投資に戻るだけの資金が無くなる、という可能性が高いことです。負ければ、誰でもそう思いますね。

 最初に1000通貨の取引からスタートすれば、損失を抑えられます。また、1000通貨単位の取引であっても、1円のレート変動で1000円の利益になります。これを毎日行えば、ちょっとしたお遣い稼ぎにはなります。ちりも積もれば山なんですね。

 FXを行う最終的な目標というのは、儲けを出すことですから、利益を出せるスタイルを少額の取引で確立しておきましょう。より多額の資金を使ってFXを行うようになってからも、投資スタイル・投資ルールを確立しておけば、慌てることはありません。


















posted by wing at 20:47| 簡単なFX講座

2010年10月30日

証拠金取引」について

 「証拠金取引」とは、FX業者に証拠金を預け入れ、それを元手に取引をするということを現しています。

 証拠金を預け入れ、それにレバレッジをかけて運用することで、証拠金の何倍もの金額の取引が簡単にできるようになります。

 なぜ、このような仕組みがあるかというと「為替レートの変動は、1日に何十円も動くものではない」ということが、理由の一つです。「1円、2円」の変化があるだけでも大きいほうで、ほとんどの日々は数十銭といった単位で売買されています。投資家の目をFXに向けてもらうには、少しの為替レートの変動でも、大きな利益を得られる仕組みがなければ、到底無理なのです。

 FX口座を開き、FX取引を開始するための最低金額としては、最低1万円くらいを想定しているFX会社が多いです。ただし、最低取引通貨単位が1万通貨となっている場合が多いので、たとえば「1万円預け入れて、1万ドルを取引しよう」と考えるならば、およそ100倍のレバレッジをかけなければならない、という状況になります。

 高すぎるレバレッジをかけて、損失が出た場合には、本当に大変なことになりますので、少額過ぎる証拠金でFXを始めるのはやめましょう。始めは、10倍くらいでいいでしょう。これでも、高すぎるかもしれません。まずは、FXのデモトレードから始めるのがお勧めです。何事も練習してから本番に臨んだほうがいいと思います。練習なしにコースに出るゴルファーはいないでしょう。









posted by wing at 16:20| 簡単なFX講座

FXと株式投資の違い

 FXが日本に導入された頃は「FXは投資初心者向けではない」と言われてきました。既に株式などの投資経験のある人が参入するケースが多く、素人がいきなり飛び込んでも、ベテラン投資家に太刀打ちできないというのも、理由の一つでした。

 株などの投資経験がある人には、FXのメリットが大きいものと感じられ株取引からFX 取引へ変わるという人もいました。

 FXにあって、株にないメリットとしては「24時間、いつでも取引できる」「少額の資金で取引できる」などの理由を挙げる人が多かったです。

 株取引の場合、株の売買に大きな資金が必要となります。また、株取引を始めるにあたり、資金として300 万円程度、用意しなければならないのです。これに対して、FX取引は1万円からはじめられるという点が、大きな魅力です。

 専業トレーダーにとっては、24時間取引が出来るFXは、株よりも儲かるチャンスが多くなる、といえます。そのため、専業のトレーダーには、FXが人気となっています。

 株取引にもメリットはあります。FXに比べて、値動きの予想がしやすいことも多く、株にはレバレッジなどの仕組みがないため、損失を出しても巨額にのぼることが少ない、といった点は株式投資のメリットです。株式も信用取引はありますよ。でも、会社が倒産すれば、ゼロですね。日本航空でさえ潰れましたから。





posted by wing at 16:12| 簡単なFX講座

「円高」「円安」について

 FXで得られる利益・損失は為替レートの変動による「為替差益・為替差損」と、2つの通貨の金利差による「スワップポイント」があります。

 円高・円安という言葉は、「為替差益・為替差損」に関係が深い言葉ですので、FX 取引を行うならば少なくとも「円高」「円安」については知っておきましょう。特に「円高」「円安」という言葉から受けるイメージと、金額のイメージが異なり、面食らうかもしれません。100円が90円になると安くなったように感じるからです。100と90を比べたら90のほうが小さいですからね。

 今日は1ドル=110 円だとします。翌日、1ドル=100円になったとします。昨日は1ドル買うのに110 円必要だったのに、次の日には、1ドルが100 円で買えるようになった。これは「ドルが安く買えるようになった、円の価値が高くなった」ということになります。「円高」とは円の価値が高こと、「円安」とは円の価値が安いことです。

 「1ドル=100 円から、1ドル=90 円になる」という場合「損をする」と思ってしまいます。ただ、FX取引では、この円高でもしっかりと利益を出すことが出来るのです。「売り」を先にすればいいのです。「買う」だけがFXの取引ではありません。
posted by wing at 16:07| 簡単なFX講座

FXで稼ぐには

 FXで稼ぐためには、まず「商売の基本」に立ち返ることです。どんな商売でも「安く仕入れたものを、高く売る」ことができれば、稼ぐことができます。

 FXの基本的な稼ぎ方も、これと同じです。「外貨が安いときに買っておいて、値上がりしたときに売る」というのがもっともわかりやすい方法です。

 1ドル=100 円のときに1 万ドル買います。そして1ドル=110 円になったときに、1万ドルを売ります。そうすると10万円の利益が出ます。簡単なことですね。でも、先のことがわからないからこうならないだけです。FXで稼ぐには「レートの上がり下がりを、うまく予想する」ことが大事になります。

 また、FXには「高く売った通貨を安く買い戻す」ことで利益を得る方法があります。FX 口座には、日本円を預け入れるのですが、手元に米ドルを持っていない場合でも、米ドルを外国為替市場から借りて取引をすることができます。

 1万ドルを借りたとしましょう。1ドル=110 円のときに、借りた1万ドルでは110 万円分の日本円が買えます。1ドル=100 円になったときに、1 万ドルを外国為替市場に日本円で返します。このとき、返す金額は1 万ドル×100 円で、100 万円です。つまり、始めに借りてきた110万から、後で返す100 万円を差し引いた金額が、あなたの取り分=利益となるわけです。10万円が儲けです。先に売るというところが、初心者の人には難しいものになると思います。なんで、ないものが売れるのかと考えるとおかしいからですね。先に借りるという発想があまりないからです。
posted by wing at 16:00| 簡単なFX講座

ロング、ショートについて

 FXで「買い」をロングと呼んだり、「売り」をショートといったりする場合があります。

 これは「株式投資」の場面からきている用語です。株取引の場合には、「空売り」した場合には半年以内に買い戻さなくてはいけない、という決まりがあります。逆に、買ったものを長い間、保有するのはごく普通のことです。売りの状態を長く続けることができないため「ショート」と呼ばれ、買いの状態は長期間続けることができるため「ロング」と呼ばれます。

 FXの場合は、売り・買いポジションの保有できる期間に違いはありません。ですから、本当はロングもジョートもないんですね。

 FXには「なんだか難しそう」というイメージがあるのは、このようなカタカナ用語や、独特の言い回しが出てくることも、理由の一つです。カタカナ用語・専門用語が次々と出てきて戸惑うかもしれませんが、「初めのうちは時間がかかっても良いから、じっくりおぼえよう」という心構えで、焦らずに取り組んでやればいいと思います。


 用語は「無理におぼえなくても良い」ですが、余裕ができたら理解ができるようにと、一つ一つ憶えていくと良いでしょう。FXの解説書などを読んでも、意味がわからなければ、FXそのものが面白くなくなっていくからです。

 「売り」「買い」ではなく「ロング」「ショート」で会話ができると面白そうじゃないですか。
posted by wing at 15:51| 簡単なFX講座