2012年03月06日

スワップポイント

 FXでは、売った通貨の金利を支払、買った通貨の金利を受取ります。そのため超低金利の日本円を売って、高金利の通貨を買うと、金利差分が収益になります。この金利差が「スワップポイント」です。たとえば豪ドルの金利が5%、日本円の金利が0.3%とすると、5%(受取り分)−0.3%(支払分)=4.7%分がスワップポイントになります。FXを資産運用に活用する人のなかには、為替差益ではなく、スワップ狙いで取引を続ける人が少なくありません。

 スワップ狙いで取引をするなら、「高金利通貨を買う・低金利通貨を売る」ことです。間違って「高金利通貨を売る・低金利通貨を買う」という取引をすると、反対にスワップポイントを支払うことになります。

 南アフリカランド(11%)、トルコリラ(16.25%)、メキシコぺソ(8.25%)など、海外には高金利の国がたくさんあります。

 とはいえ金利だけで通貨を選ぶのは危険です。16%という高金利で人気を集めたアイスランドクローネは、通貨価値が大幅に下落したあげく、2008年10月に突如として取引停止になりました。スワップ狙いの取引をする場合でも、安定性が高い通貨を選びたいものです。









posted by wing at 22:15| 簡単なFX講座