2012年03月06日

スワップポイント

 FXでは、売った通貨の金利を支払、買った通貨の金利を受取ります。そのため超低金利の日本円を売って、高金利の通貨を買うと、金利差分が収益になります。この金利差が「スワップポイント」です。たとえば豪ドルの金利が5%、日本円の金利が0.3%とすると、5%(受取り分)−0.3%(支払分)=4.7%分がスワップポイントになります。FXを資産運用に活用する人のなかには、為替差益ではなく、スワップ狙いで取引を続ける人が少なくありません。

 スワップ狙いで取引をするなら、「高金利通貨を買う・低金利通貨を売る」ことです。間違って「高金利通貨を売る・低金利通貨を買う」という取引をすると、反対にスワップポイントを支払うことになります。

 南アフリカランド(11%)、トルコリラ(16.25%)、メキシコぺソ(8.25%)など、海外には高金利の国がたくさんあります。

 とはいえ金利だけで通貨を選ぶのは危険です。16%という高金利で人気を集めたアイスランドクローネは、通貨価値が大幅に下落したあげく、2008年10月に突如として取引停止になりました。スワップ狙いの取引をする場合でも、安定性が高い通貨を選びたいものです。









posted by wing at 22:15| 簡単なFX講座

2012年03月05日

ロングとショート

 「ロング」とは、「買い」の意味。「ドル/円(USD/JPY)のロングのポジションをとる」とは、円を売ってドルを買う取引をすることです。

 もともと「長い」という意味を持つロングですが、FXでは「買い」「買い持ち」という意味でつかわれます。ロングの反対語と言えば、ショート(短い)ですが、こちらは「売り」「売り持ち」を意味します。

 外貨預金ではドルなどの外貨を買う取引しかできませんが、FXでは売りから入る取引露会から入る取引の両方の取引が可能です。「今後は円安・ドル高になる(ドルが上昇する)」と思ったら、ドルを買っておくのが正解。1ドル100円で買ったドルを、1ドル101円で売れば1ドルにつき1円が儲かります。1万ドルの取引なら、1円の円安で1万円の収益が得られます。円安を予想するなら「ドルロングのポジションを持っておく」のが儲かる方法なのです。

 もしドル/円が下落する(円高・ドル安)と思うなら、ドル円のショートポジションを持ておきましょう。100円で売ったドルを99円で買い戻せば、やはり1円の儲けになります。状況に応じて売りと買いを使い分けるのは、上級者への第1歩といえるでしょう。




posted by wing at 21:13| 簡単なFX講座

2012年03月02日

通貨コード

 通貨コードは、最初の2文字で国名を表し、最後の1文字で通貨名を表すのが基本です。日本円を「JPY」と表記するのは、「JaPaneseYen」がベースになっていると思われます。これらの通貨コードは、国際基準として定められたものです。

 為替取引とは、「A通貨を売って、B通貨を買う」ことを意味します。「手持ちの円を、ドルに両替する」という行為は、「円を売って、ドルを買う」取引を同じです。円とドルの組み合わせを「ドル/円」と呼び「USD/JPY」と表記します。JPYが後ろになっているのは、プライスが円建てで示されるため。ニュースなどでも「1ドル=100円」といいますよね。もしJPY/USDと表記するなら、「1円=0.01ドル」となります。日本のFX業者は、円がからむ通貨ペアのプライスをすべて円建てで表示しています。




posted by wing at 20:54| 簡単なFX講座

2012年03月01日

ビッドとアスク

 為替取引では「2WAYプライス」といって、つねに「売り値」と「買い値」の2つのプライスが提示されます。前ページのドル/円レートでは、1ドル=100円04銭が買い値(ビッド)、1ドル=100円が売り値(アスク)になります。これは100円なら買いたいという人がいて、100円4銭なら売りたいという人がいる意味です。差額の4千を「スプレッド」といいます。

 2つの値段のうち、高い方が「買い値」です。だから買ったと同時に売ったとすると、スプレッドの分だけ損をします。儲けるためには、スプレッドの金額以上に値上がりした時に売る必要があります。スプレッドは業者ごとに違いますが、安いほど儲けを出しやすくなります。

 スプレッドは通貨ごとに違います。取引量が多い通貨ほどスプレッドが安く、もっとも安いのがドル/円です。銀行で外貨預金を作るときのドル/円のスプレッド(為替手数料と呼ばれる)は、1円が一般的です。それがFXでは4銭が主流。桁違いの安さです。FX業者間の競争が激しくなったことから、最近はスプレッド1銭の業者も登場しています。いずれにしても、銀行にくらべると圧倒的に低コストで外資取引ができるのは、FXの大きな魅力といえるでしょう。




posted by wing at 21:05| 簡単なFX講座

2012年02月26日

為替の取引時間

 外国為替市場は、24時間、どこかの市場で取引が行われていることから「眠らないマーケット」と呼ばれています。日本のディーラーが中心になって取引を行う日本時間8〜18時を「東京市場」と呼びます。夕方以降は「ロンドン市場」、ニューヨークで取引が行われる日本時間23時(サマータイム中は22時)以降が「ニューヨーク市場」です。

 日本時間の23時から深夜2時くらいまでの時間帯は、ロンドン市場とニューヨーク市場の両方で取引が行われているうえ、日本や香港、シンガポールのディーラーも参加可能。値動きも激しくなります。




posted by wing at 20:44| 簡単なFX講座

2012年02月23日

為替マーケット

 為替の取引には、証券取引所や商品取引所のような、物理的な取引所は存在しません。株式がすべての取引を1か所に集めて売買を行う「証券所取引」のスタイルをとっているのと違って、為替は売り手と買い手の2者間で行われる「相対取引」だからです。

 為替取引には、金融機関同士が取引を行うインターバンク市場(銀行間取引)と、金融機関が顧客と取引を行う対顧客市場があります。通常、外国為替市場といった場合には、インターバンク市場を指します。

 インターバンク市場での取引は、各銀行のディーリングルームに設置した専用端末や電話を通じて行われます。ディーラーBga「100円10銭で買う!」と応じれば取引は成立です。こういった取引が瞬間ごとに、世界中のディーリングルームで同時進行しています。

 双方が価格に納得すれば取引が成立することから、同じ瞬間に違った価格で取引が行われることも珍しくありません。取引されたレートはインターバンクレートと呼ばれ、ロイターやQUICKなどの情報ベンダーが配信しています。同時並行的に取引が行われることから、業者ごとに配信レートが異なるのも、自然なことなのです。








posted by wing at 22:36| 簡単なFX講座

2011年07月22日

憶えること

 FXには様々な「憶えること」があります。FXの基礎用語もたっぷりありますし、チャートの種類、見方、様々な売買サイン・・・、たくさんの知識が必要になります。

 知識を持っているだけでは意味がなく、それを投資に活用していくということだ、大切になります。

 FXを始めようと、チャートを見たり、新聞、雑誌、メールマガジンで情報を得たりします。すると『何が書いてあるのかわからない』ほどの、膨大な情報が掲載されています。

 「わからないから、今はFXをしない」という決断ならば、まだ救われます。なぜならば、FXをしなければ、資金は増えませんが、損失も増えないからです。怖いのは「わからないままに、FXを始めてしまう」ということです。

 わからないままに、自分の大事なお金を投資することは、避けましょう。「相場が予想と違う値動きをした」という場合に、どう対処して良いか、わからなくなるものです。慣れるまでは、デモトレードなどを活用して、「本当にお金を投資する場面でもやっていける」と自信がついてから、本当の投資活動を始めましょう。



今日の取引

ユーロを113.048円で売り決済しました。 スワップを入れて+1069円でした。
posted by wing at 19:54| 簡単なFX講座

2011年07月15日

投資ルール

 FXの世界では「成功者」となる人は、自分なりの投資ルールを持っています。

 そのルールは人によって様々で、「どれが絶対に正しい」というわけではないのです。「自分のライフスタイルにあったトレード法を選ぶこと」「そのやり方で成功している人の真似をしてみること」が大切です。

 初めから「自分流」で勝負しようとしても、ベテラン投資家がひしめく投資の世界では、なかなか太刀打ちできないものです。どんな世界でも、初めは「成功した人の真似」が大事なものです。

 FXで「自分なりの投資ルール」を作るには「FX日記」をつけることが大事です。成功も失敗も後で検証できるようにしておくのです。さらに、定期的に日記を読み返して、「どういう失敗があったか?」「成功したポイントは何か?」を分析しましょう。

 「次はこうすればいいんじゃないか?」と予測が立てられます。予測を立てたら、余剰資金の範囲内で検証してみる。あるいは、デモトレードなどの資金を心配しなくていい方法で、その予測を試してみる。至らない点に気づいたら改良する。このようにして、自分なりの投資ルールを確立していきましょう。


本日の取引

 米ドルを1000通貨79.134円で買いました。 500円が目標です。


外国為替証拠金取引の外為オンライン



posted by wing at 21:57| 簡単なFX講座

2011年07月14日

情報の収集と分析

 FXで必要なのは「情報の収集と分析」です。

 最近は、相場が変動する・した理由を、情報会社などが分析してくれたり、投資家・経済学者は、ブログなどで分析結果を明らかにしてくれたりする、といった情報過多の時代です。

 便利ではあるのですが「なんとなくわかったような気分」になっただけで、終わるというのも、もったいない話です。それだけでは、今後の投資に活かすことはできません。今後の投資に活かしたいなら、「本当に納得するまで、自分の理解を深める」ことが大事です。

 「なぜそのような分析結果になったのか」を、自分なりに考えてみることから、挑戦してみましょう。さらに、慣れてきたら「自分で相場の変動の理由を考えてみること」も大切です。

 特に、相場の変動が起こる瞬間には「なぜ?」と考えている余裕はなく、リスク回避の手段を講じるなど、対処することが先です。むしろ分析ができるのは、変動が落ち着いた後のことになります。

 「後から考えれば、○○と△△の影響であった」という分析結果が得られることが多いのです。これを分析していくことで「今後、似た状況になったときのリスク回避」が、必ずできるようになりますので、積極的に「考える」ようにしましょう。



本日(7/14)の取引

 ユーロを1000通貨112.072円で買いました。


外国為替証拠金取引の外為オンライン


posted by wing at 21:23| 簡単なFX講座

2011年07月12日

すごい円高になりました

すごい円高になりました。

アメリカがもめているのがいけませんね。
ユーロもあちこちから、話題がつきません。



今日の取引

昨日のニュージーランドドルを1000通貨決済しました。

  65.246で買い戻しました。 +1727円です。

  それと一緒に、前に売っておいた2000通貨も決済しました。
  +1576円と+1880円です。

  オーストラリアドルも決済しました。
  +1916円と+1877円でした。

  すごく、値動きがあるので決済しておきました。

外国為替証拠金取引の外為オンライン







posted by wing at 20:26| 簡単なFX講座